IN CIRCUS
(イン サーカス)

こんばんは!

本日は12月20日に開催する CHRISTMAS PARTY (クリスマスパーティー) ” IN CIRCUS (インサーカス) “の紹介をさせて頂きます♪

「アート・音楽・ファッションを感じれるような遊び場」を、福岡を拠点として
個々に活動をしている者達が年に一度それぞれの価値観を融合させた
「非日常空間」、を提供できれば…と企画したのが「IN CIRCUS」(インサーカス)
今回がはじめての企画になります。
ここ数年景気の低迷や様々な天災でさらに世間は自粛ムードのなか、
遊び場、社交場を提供し、天神博多の活性化に少しでも貢献出来ればと考えています。
売上金の一部を震災の義援金として寄付いたします。

9Fホールと屋上(ツバメの杜広場)を使用して、ツバメの杜をアコースティックライブ ・DJによるラウンジフロアとして使用し、9FホールにてゲストDJ、バンドによるライブ、ライブペイント等を行います。

incurcus-poster

DJ

fpm3田中知之 (FPM)

DJ/プロデューサーとして国内外で活躍。ダンスミュージックに自身のルーツをちりばめた独自の音楽スタイルがワールドワイドに支持され、6枚のオリジナルアルバムのリリースの他、Chara、RIP SLYMEなど多数のアーティストのプロデュースも手掛ける。DJとしても国内は全都道府県制覇、海外では約50都市でのプレイ実績を持つ。またリミキサーとしても、現在まで約100曲もの作品を手掛けており、最近の作品では、くるり、UNICORN、サカナクション、THE BPA (FATBOY SLIMことノーマン・クックによるプロジェクト)、THE YOUNG PUNX!などがある。村上隆がLouis Vuittonのために制作したアニメーション「SUPERFLAT MONOGRAM」(2003年)、「SUPERFLAT FIRST LOVE」(2009年)の音楽や、世界三大広告賞でそれぞれグランプリを受賞したダンスミュージック時計「UNIQLOCK」、「UNIQLO CALENDAR」の楽曲制作も手掛けるなど多方面で活躍している。

.
半沢武志freetempo
半沢武志 (ex.FreeTEMPO)

FreeTEMPOは仙台を拠点に作曲等、音楽活動をしている半沢武志のソロプロジェクトである。2000年にFreeTEMPOとして音楽活動を開始。デビューはイタリアのIRMA RECORDからリリースされたコンピレーションCDに参加した事をきっかけに、1st mini album「Love affair」(02年1月)をリリース。1st full album「The World is Echoed」(03年7月)、再発「LoveAFFAIR」(03年12月)、2nd mini album「Oriental Quaint」(05年1月)、collection album「IMAGERY」(06年4月)と全タイトルが軒並チャート上位を占め、いまだセールスを延ばし続けるヒット作となっている。3rd mini album「HARMONY」(07年2月)ではiTunes Music Storeや各FM局などで1位を記録し、メロディセンスと存在を不動のものとした。同年、2nd full album「SOUNDS」(07年9月)では主要小売店07年度clubチャートで日本人として1位を記録。SHIBUYA-AXを含む全国8カ所のLIVEツアーを敢行、フジロック08年にも出演し、約4000人を魅了した。韓国でもデビュー以来活動を続け、毎年ソウルで開かれるカウントダウンイベント(04~10年に掛けて出演)、釜山国際映画祭08年に日本人として初めてDJ出演するなど、今なお絶大な人気を誇っている。2010年に10周年を迎え、FreeTEMPOとして最後のオリジナルアルバム「Life」(10年3月)、同年「FreeTEMPO BEST ALBUM “TENSE”」(10年12月)をリリースし、10年に及ぶプロジェックトに一度ピリオドを打つことを発表した。2011年3月の東日本大震災後には、仙台から半沢武志名義での新曲「スマイル」を発表するなど、今後の動向が注目されている。
http://www.freetempo.net/
http://www.hanzawatakeshi.com/

THE-LOWBROWS3THE LOWBROWS (LINDATUNE)

DJとしても活動するChakiと、夏目漱石を曽祖父に持つEmi。二人の男女からなるエレクトロニック・ミュージック・デュオ。アートワークは、2005年の結成当初からYOSHIROTTEN (YATT)が担当。イギリスのファッション&カルチャー誌「Dazed & Confused UK」からのインタビューを皮切りに、海外ブログなどでピックアップされる。オリジナルトラックは数多くのMIXCD、コンピレーションに収録されており、国内外アーティストのリミックスや楽曲プロデュースも手掛ける。またChakiはモデルとしても様々な媒体やブランドで活躍し、10年にはセブンスターのイメージモデルにも起用されている。08年12月24日、デビュー・アルバム「For Whom The Bell Tolls」を、BMG JAPANよりリリース。09年4月より、UNIVERSAL MUSICに移籍。6月には、オーストラリアの有名レーベル”Bang Gang 12inches”から「Dream in The Desert」がシングルカットされ、国内外のクラブミュージック界で話題を呼んだ。同年10月には、ミニアルバム「Danse Macabre」をリリース。その反響は大きく、翌年5月には欧州のフェスをはじめヨーロッパの数々のクラブでのプレイを果たす。そして昨年11月24日、待望のニューアルバム「EMOTION」をリリース。SHINICHI OSAWAなど多彩なアーティストをフィーチャーし、リミキサーにはZombie Squadを起用。3度目となる全国25箇所以上のツアーや、自身2度目のワールドツアーを決行した。
http://www.thelowbrows.com/
http://kanohvision.com/

kohayashiKO*HAYASHI

1996年に足を踏み入れたクラブで衝撃を受け、そのキャリアをスタート。Techno・UpperHouse・Electroなどを取り入れ、ダンスミュージックにトリッキーなスクラッチを織り交ぜるのがKO*HAYASHI流。小さな体からは想像のつかないファンキーなパフォーマンス。自由奔放なスタイルは、ジャンルを超えて初めて見るオーディエンスをも魅了する。どんなフロアも沸点まで温度を高め、プレイする度に独自の世界を作り上げる。なによりも現場の空気感・テンションを優先するその姿から独自の地位を確立している稀有な存在である。過去には年間180本ものイベントに出演、2000年にはカナダの屋内フェス・2009、2010年には香港などでのプレイも経験し、2009年12月にはKO*HAYASHI自身のオリジナル・トラックも収録したMix CD『diskover』をリリース。2011年4月より偶数月の第3金曜に”Delight”@AIR.のオーガナイズ/DJを勤めている。

LIVE

albatrus(仮)ALBATRUS (アルバトラス)

唄・ ギター:三宅洋平 / 唄・ギター:越野竜太 / 唄・ベース:小林真樹 / 唄・ドラム・パーカッション:Peace-K / 唄・サックス・パーカッション:元晴。犬式a.k.a.Dogggystyleの細胞分裂後、三宅洋平が一年間に及ぶセッションと旅を繰り広げた末に辿り 着いた、信天翁(アホウドリ)という名を冠する、jamband界隈や国内地下シーンを代表する手練れ達によるドリームバンド。既に正式名称となった” (仮)”が表す様に、彼達は既成概念を越えた集合体であり、4人での形態を軸に、SOIL&”PIMP”SESSIONSの活動を縫って元晴が参 加するというスタンスで活動中。大地のグルーヴを深く紡いでいた犬式とは対照的に、アホウドリの名が示す通り、広大な空を飛び回る様にJAZZやFUNK やREGGAEを横断し、どこまでも自由な音を発している。三宅曰く「標榜するのはスピリテュアルでフリーなアートするROCKである。求めるのは地球の 民族性である。」音源も型に捉われることなく、アナログや配信など様々なフォーマットでのリリース後、集大成として2012年アルバムリリースを予定。活 動経歴:2010年 春、結成、4/1東京・代々木第二体育館で行われたヤマモトヨウジ19年振りの東京コレクションにて、ショーの音楽を生演奏で担当。夏、未リリースにも関 わらず、山形・蔵王『龍岩祭』、静岡『WINDBLOW』、福岡『SUNSET LIVE』、東京・お台場『旅祭』などのフェスに招待される。2011年 メンバー交代を受けて以降、『APPI JAZZY SPORT』での大トリから、『渚音楽祭』、『SYNCHRONICITY』、『TAICOCLUB』といった大型フェスに出演。

UA & 青柳拓次 & Pすけ

ua

UA

UAとはスワヒリ語で“花”“殺す”という対極的な意味を持つ言葉。1972年3月11日生まれ、大阪府出身。母方の故郷は奄美大島。1995年6月ビクタースピードスターレーベルよりシングル「HORIZON」でデビュー。2007年5月シングル「黄金の緑/Love scene」をリリース。5月公開映画『赤い文化住宅の初子』(監督:タナダユキ)に、主題歌「Moor」を提供。6月7thアルバム「Golden green」をリリース、全国ライブツアー“GOLDEN GREEN 07”を敢行。同じく6月公開の松本人志初監督映画『大日本人』に小堀マネジャー役で出演、話題に。2008年10~11月度NHK『みんなのうた』で放映された、栗コーダーカルテットとのコラボレート作品「PoPo Louise」がジェネオンよりリリース。12月シングル「2008」が、ビクターエンタテインメントと博報堂のコラボレーションレーベルCHIKYU RECORDSよりリリース。2009年7月、約2年ぶりに8thアルバム「ATTA」をリリース。
http://www.uauaua.jp/

aoyagitakuji青柳拓次 / Takuji Aoyagi  テキスト、ビジュアル、サウンド・アーティスト

LITTLE CREATURES、ソロユニットのKAMA AINA、青柳拓次名義にて音楽活動。レーベル「CHORDIARY」を主宰。87年、高校在学中にLITTLE CREATURESを結成。90年にシングル「THINGS TO HIDE」でデビュー。その直後、渡英。 帰国後の93年、Double Famousを結成。99年、映画『タイムレスメロディ』に初主演。KAMA AINA名義で同映画の音楽も担当し、釜山国際映画祭でグランプリを受賞。90年代は、選曲家として、COMME des GARÇONS や tsumori chisatoなどのブランドとも関わる。 以降もKAMA AINAとして、04年ベストアルバム『music activist』をDomino/geographic[UK]からリリース。ファナ・モリーナ、マネー・マークとのイギリスツアー、細野晴 臣&東京シャイネスとのツアー、06年4月からイギリス9都市を巡るライブツアーを敢行、アルバム『club kama aina』をRumraket [Denmark]よりリリース。 07年11月、青柳拓次名義での初のアルバム『たであい』(commmons) 、10年8月『まわし飲み』(Labels UNITED)を発表し、アジアの「静」と「動」を表現。 自身の作品以外にも資生堂・NTT docomo・無印良品など多数のTVCM曲を手がけ、UAや中納良恵らへの楽曲提供・プロデュース、映画・演劇音楽の制作など幅広く活動。 また、詩画集「ラジオ塔」を発表し、フリーペーパー「bounce」・雑誌「ソトコト」でコラムを連載するなどの言葉の世界や、自身の撮影による写真展も 現在全国を横断中。2010年、初となるエッセイ集『手をたたきながら』、絵本『つきのなみだ』を mille booksより出版。同年末より沖縄在住。 2011年の主な活動は、”Just Composed in Yokohama 現代作曲家シリーズ”に委嘱作品「HIRUGHI WOODS」を提供、2月にみなとみらいホールにてギタリスト・鈴木大介らによる初演公演が行われた。6月には新しい舞台の可能性を探るプロジェクト・川 崎市アートセンターでのコンテンポラリー・ダンサー森川弘和と舞台「Re:AAAA」を共同制作。7月20日にはヴォーカリスト・児玉奈央のプロデュース 作『Family Songs』(Victor/FlyingStar)がリリース。

p-sukePすけ

ドラム&パーカッションを中心に、演奏するのが大好きな音楽家。 YO-KING、Caravan、Spinna B-ill、Keison、ハナレグミ、浜崎貴司、元ちとせ、鈴木慶一、曽我部恵一、PUFFY、(仮)ALBATRUS、など他多数のミュージシャンの様々なライヴ、レコーディングに参加し活躍中。そんな縁のあるミュージシャン達が集う『Pすけ祭り』というイベントを各地で行っている。 スイスのMONTREX JAZZ FESTIVAL’04にSANDIIのパーカッションとして出演した時にhangというUFOのような不思議な楽器に出会い、その音に一目惚れし日本に持って帰り、’06.2.28新月の日に元地元葉山の森戸の海で約45分演奏し、hangと共に波の音や自然の空気を一緒に詰め込んだ『NEW MOON』を発売中。 自身が生活していた「葉山の一日」をハナレグミ、児玉奈央(YoLeYoLe)、どんとの息子であるラキタ&ナラ、hanchanという愉快な仲間達と巡る、音風景的な初ソロアルバム『Peace Tree』を、Tuff Beatsより’08.6.4の新月の日に発売、ツアーも大盛況を収める。アルバム『Peace Tree』に参加、アルバムジャケットの版画をデザインし、Pすけと二人で全国各地を唄い旅するパートナーのhanchanとユニット名を「hanp(ハンピー)」とし、二人だけの作品としては初のミニアルバム『半魚人』を2011.1.4の新月の日に発売、沖縄を拠点にMEOTRIP中。 楽器さえあれば、どんな場所でもリズムを奏で出すので、今夜もどこかで誰かとセッションしているのである。

ZZZ

Dead poets society

宮下貴裕(TAKAHIROMIYASITATheSoloIst)(ギター、ボーカル)

望月唯(HOWL Director&stylist)(ギター)

ルリ(ベース)

ケンタロウ(元ナンバーガール)(ドラム)

GUEST MODEL

木下ココ

木下ココ

レプロエンタテインメント所属のファッションモデル。数々のファッション雑誌でモデルとして活躍。誌面ではレトロなファッションで『ココカジ』として人気を得ている。また東京ガールズコレクションや神戸コレクションにも欠かせない常連モデルでもある。

TV:「東京カワイイTV」、「Style/Style」、「DRESS SHOPPING」
雑誌:美人百花 (表紙)、GLAMOROUS (連載)、MAQUIA (連載)、sweet、MORE、mini、JJ、BAILA、ELLEjapon、VogueNippon、GINGER、PINKY(卒業)
CM・広告:花王(株)「プリティア」、明治乳業(株)「明治ブルガリアヨーグルト」
SHOW:東京ガールズコレクション、神戸コレクション、GirlsAward

http://yaplog.jp/lp-k-coco/
http://www.lespros.co.jp/models/coco_kinoshita/

VJ

三嶋さん3三嶋章義 (FUGAHUM)

01年エンライトメントに参加、09年独立。グラフィックデザイン、映像、空間演出などを手掛けるアートディレクター。VJとしての評価も高く国内外の著名DJと共演し、多数のビッグフェスにも出演。現代美術作家としてはNANZUKA UNDERGROUNDに所属し国内外で個展を開催している。また2006年、山本亜須香とファッションブランドFUGAHUMを立ち上げるなど、ジャンルレスに様々な角度から作品制作をおこなっている。

http://www.fugahum.com/

popyoilPOPY OIL (OILWORKS)

奄美 徳之島出身。’OILWORKS’のVJ。デザイナー。
ベジェ曲線/ペインチング/コラージュ/プリンチングを駆使したオリジナルな色彩レイアウトで、様々なアーティストやレーベル/イベント等のアートを担当し、CDやレコードジャケット、ロゴやポスター、M.VやWEB、アパレルやプロダクトなど多数のデザインを手掛ける。これまでに、OILWORKS、ROMZ Record、Ill dance music、ELNINO(DJ Olive Oil/MC Freez)、Nujabesなどと、ほぼ全国各地でツアーVJを担当し、Rainbow等の野外フェスからSONARSOUNDや、Franck muller 、 MASERATIのレセプションまでジャンルレスに映像共演する。また、国内外のアートマガジン/音楽誌への作品提供や、STUSSY、X LARGE、BEAMS Tでのアートワーク、ZIMAや3M等の企業とのコラボレーション、DJとして、Black Smoker RecordsからミックスCDのリリース、LAを拠点とするdublab(RADIO STATION)によるIntoInfinityへの参加、グラフィティシーンの創成期から活躍するレジェンドであり”SPRAY CAN WIZARD”として世界的に知られるアーティストFUTURAとのコラボワーク、個人名義での展覧会の開催など多様化していく現代社会を代表する多彩なストリートアーティスト。2011年は、OILWORKSからリリースされた総勢36名ものアーティストが参加したコンピレーションDVDのリリース、Wax Poetics誌での特集、O To Ill a.k.a. OLIVE OILのニューアルバム収録の”Kamase Dr.MARIO”のM.V.制作、OILWORKSとしてデザインワークはもちろんのこと、奄美/北海道/東京/沖縄/上海各地のツアーVJなど、現在も平面から映像、プロダクトから時間、ワールドワイドからローカルまで多数のプロジェクトを進行中。

ART WORKS

kozihayakawaKozi Hayakawa

2004年フリーランスでの活動開始以降、雑誌のアートディレクション、写真表現、グラフィックデザイン、様々なファッションブランドのアートワーク、CD&レコードジャケット等、ライブペインティング、イラスト、絵画を含め多岐に渡り活躍中。



yosinoryutaro

YOSHINO RYUTARO

SPACE PRODUCTION TEAMVISUAL ELEVATORS」主宰大手門商店街在住。プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、ビジュアルアート、インスタレーションなどの多方面で活動する、興味散漫型アーティスト。


http://ryutaroyoshino.jimdo.com/
http://vevs.jimdo.com/

LIVE

kotohte2

KOYOHTE(コヨーテ)

2008年に活動開始したJUNK’nFUNKダンスミュージック雑食バンドKOYOHTE。

偏見の無い純粋で平等な耳で聴いたカッコいいと思えるブラックミュージックを我流ミックス。

カテゴライズなんてナンセンス、ジャムから生まれる衝動を表現。

RayBarbee,SunPaulo,Zoot16渡辺俊美,Everst,BlackFlower,浅野忠信,DJ Quietstorm,FPM,DJ Yogurt 他多数のアーティストと共演。

HABANA

HABANA(ハバナ)

地元福岡の様々なイベント、ライブ、フェス、レイブでのライブを展開。観る者を魅了するそのグルーヴはジャンルを問わず炸裂する。留まるところを知らない唯一無二の超個性派ノージャンルバンド!!

2008 年より、GOMA、B:RIDGEstyle、サヨコオトナラ、ドラびでお、Mike Doughty、BENTEN、gravity free、DACHAMBO、THE BEACHES、FOLIKAN,NAOITO,MEANING,RAZORS EDGE,locofrank,ROTTEN GRAFFTY,SUNSET live2010,2011など様々なアーティスト,イベントに出演、共演をしてきている。

Performer

marte真流手ナオト(まるてなおと)

和歌山県生まれ。うお座のB型。高校卒業後、福岡にあるプロダクションに所属。役者としてテレビドラマや舞台、ナレーション等の仕事をこなしていく。タレント活動の傍ら{ジャグリング}に出会う。練習を積み重ねる中、プロとして活動。バルーンアートやパントマイムの技能習得にも着手。現在は福岡にあるプロダクション、パインズ・コーポレーションに所属。大道芸、ナレーション、舞台出演、朗読公演等、マルチに活躍中!

Support DJ

WOLFCATS (STEAMWORK) / YOSHIKI (STEAMWORK) / AKIRA (HONEY TRAP) / SUGI (HONEY TRAP) / JUNIO (HONEY TRAP) / KAZ (Garden of HOUSE) / KEY (Garden of HOUSE) / CASE (Luxuary Times) / NONDI (BINGO BONGO GROUP) / GARU (VICE VERSA) / Takeshi.Dozaki (Disco Works Japan) and more DJs…

お得な前売チケットはVICE VERSA店頭にて販売しております♪

お問い合わせ;【VICE VERSA】福岡市中央区大名1-2-37 selva西大名Ⅱ 1F 092-721-5335

コメントをどうぞ